歯石は危険な生き物

健康な人が健康な歯を、毎食後正しく歯ブラシを使って清潔にしていたとしても歯の表面には歯石がつきます。専門的にいえばこれは一種の石炭性沈着物であり、唾液の性質や、歯の面についた汚物等によっておこります。

歯石には軽石の様に大小の空洞があり、多数の微生物、細菌の発育、繁殖を許しますので、歯肉は知らず知らずの内に炎症を起こし、すぐ出血するようになります。この歯肉炎は歯を支えている顎骨にも影響を与え、吸収をしながらやがて歯と歯肉との聞から膿を出しプランプランになって抜けてしまいます。

一般にこれを歯槽膿滴(歯周病)と呼んでおりますが痛くない歯石の魔手がムシ歯にも勝ち抜いた歯を骨無しにしてしまいます。一年には一度専門医にチェックしてもらいましょう。

Share:

コメントを残す